ぶろぐライフ~パソコン苦手なブログ初心者さんを全力でサポート~

パソコンは苦手だけどブログを始めたい人を全力で応援!15年間パソコン講師を勤めた私が苦手克服のお手伝いをします♪

【アドセンス】グーグルが答える合格する為の文字数は何文字が良いか

f:id:maysun:20211119141513p:plain

パソコン苦手なブログ初心者さんを全力サポートしている、めいさんです。

ブログで収益化を望むなら第一歩とも言えるのが【Googleアドセンス】取得ですよね。

これがなかなか通過しないという話も聞きます。

文字数が足らないのではないか!アフィリエイト貼ってるからではないか!

色々な疑問の中の【必要な文字数】に併せて検索上位検索(SEO)を軽く今日はお届けします。

 

 

- スポンサーリンク -  

 

【アドセンス】合格する為の文字数は何文字が良いのか

色々な人が『グーグルに申請する為には○○以上の文字数が必要』とか『ブログの文字数は○○以上が良い』とか言いますよね?

耳にした事や見た事があるでしょう。

その辺、本家のGoogleさんはどういっているのかをご紹介します。

 

グーグルが答える必要文字数

ブログの記事は、何文字以上必要なんだろう』と多くの人が疑問を持っている事でしょう。

 

グーグルでは各国のサイト所有者との質疑応答(ハングアウト)を開催します。

2016年7月8日にライブ配信された動画の中で、『記事に必要な文字数について』グーグルJohn Mueller氏が回答しています。

 

クリックで回答している時間34分36秒から見れます(英語)

 

Q: 
My SEO agency told me that the longer the article I write,the more engaged the user should be or Google will penalize me for this.
I fear writing longer articles with lots of rich media inside because of this.
Is my SEO agency correct or not?

 

A:
Uh, so I really wouldn't focus so much on the length of your article but rather making sure that you're actually providing something useful and compelling for the user.

And sometimes that means a short article is fine.
Sometimes that means a long article with lots of information is fine.

So that's something that you essentially need to work out between you and your users.


From our point of view, we don’t have an algorithm that counts the words on your page and says

“Oh, everything until 100 words is bad. Everything between 100 and 500 is fine, and over 500 needs to have five pictures.”

We don’t look at it like that.

We try to look at the pages overall and make sure that this is really a compelling and relevant search results to users.

And if that’s the case then that’s perfectly fine if that’s long or short or lots of images or not.

That’s essentially up to you.

 

質問者さんはSEO専門家に長い文章を書くように言われた事でストレスやったんでしょうね。

しかも、そうでないとGoogleからペナルティを受けると言われてるって・・・。

 

 

John Mueller氏の回答(抜粋して簡潔に)

記事の長さに重点を置くつもりはなくて、むしろユーザーにとって役立つものであり強く知りたい(読みたい)というモノを与えているかですよ。

 

時には短い記事でも良いし、多くの情報が詰まった長い記事でも良いんです。

ページの文字数を数えるアルゴリズムは持っていません。

 

100文字だから悪いとか100から500文字だから良い、または500文字超えたら5枚の画像が必要だ、そんなところを見てませんよ。

 

ページの端から端までを見てコレは本当にもっと読みたいと思え、ユーザーが求めている結果に適切なものか。

ですから、長いか短いか、多くの画像を使ってるかどうか、それは基本的にあなたが決めたら良いんですよ。

(訳:めいさん)

私の得たニュアンスで訳したので、気になる人は翻訳機に掛けてみてね。

 

が、要するに

記事の文字数は決まっていない!

という結果です。

 

アドセンスに必要文字数

記事に必要な文字数が決まっていないということは、アドセンスに合格する為の文字数なんて決まっていませんよ!

 

Googleさんが言ってるのは、

短い記事であっても、ユーザーが求めている答えが存在し満足するものであるならば何の問題もない!

 

しかし、長い記事にしないとユーザーが求め満足いく答えを導き出せないというモノもある。

 

という事ですね。

 

これは、検索上位(SEO)に表示される事も同じ。

多くの人が見てくれてるということも、クロールが巡回してちゃんとGoogleに報告してますからね、きっと。

 

長い記事をダラダラ書いても中身に価値がないと認めてもらえない。

短くても中身に価値があると認めてもらえる。

 

例えばこんな記事

じゃぁどんな記事を書いたらええのぉ~って思いますよね。

 

例えば、今読んでるこの記事は、どう思いますか?

 

グーグルが答える合格する為の文字数は何文字が良いか

というタイトルですよね。

 

これの答えは、文字数なんて何文字でもOKですよ

 

これだと、1行で終わってしまいますよね?

それで、「ふ~ん」となっても、何か説得力がないですよね。

信ぴょう性ゼロ!

 

そこで、Googleのトップが言ってますよ!

と証拠ともなるものを記事に入れ込むことで、グ~ンと価値が生まれませんか?

 

アドセンスに不合格となる噂を検証した記事も併せてどうぞ

maysun53.com

 

- スポンサーリンク -  

 

グーグルが答える文字数は何文字が良いかまとめ

アドセンスに通過する為の文字数は何文字?と気にされている方も多いと思います。

アドセンスに限らずGoogleさんは文字数をカウントなんてしてなくて、記事の内容の質を隅々まで見てますよ!って事でした。

有用な、質の良い記事ということですね。参考になれば嬉しいです。


読者になってもらえると嬉しいです

PVアクセスランキング にほんブログ村

★応援クリック大感謝★

人気ブログランキング