ぶろぐライフ~パソコン苦手なブログ初心者さんを全力でサポート~

パソコンは苦手だけどブログを始めたい人を全力で応援!15年間パソコン講師を勤めた私が苦手克服のお手伝いをします♪

【はてなブログ】カテゴリーを階層化で見やすく細分化しよう

f:id:maysun:20211130174318p:plain

パソコン苦手なブログ初心者さんを全力サポートしている、めいさんです。

【ブログ作成講座】9回目でお届けした『60記事目指しながらカテゴリー整理』ですが、【はてなブログ】は【親カテゴリー】しかない!!!

 

ブログ作成講座一覧

 

ワードプレスに慣れている私は戸惑いました!

【はてなブログ】に慣れている人は【親カテゴリー】【子カテゴリー】って何?ってなってるのかもしれません。

 

カテゴリーを細分化することは、読み手にも親切でSEO的(内部リンク)にも良いと言われています。

この機会にサクッと設定してみたらどうでしょうか。

 

 

- スポンサーリンク -  

 

【はてなブログ】カテゴリーを階層化で細分化しよう

記事が200も300もになってからカテゴリーの細分化は、かなり骨が折れる作業となります。

ブログ作成講座】でもご紹介しているように50か60記事くらい書くとカテゴリーごとに分けやすくなるのでお勧めです。

 

カテゴリー細分化のメリット

f:id:maysun:20211130191053p:plain

【はてなブログ】にも【ワードプレス】にも【パンくずリスト】というものが用意されています。

 

この【パンくずリスト】を使ってカテゴリーを細分化するのです。

 

パンくずリスト】って面白いネーミングですよね。

 パンくずリストとは 

パンくずリスト名前の由来

童話の『ヘンゼルとグレーテル』は、道に迷わないようにパンをちぎって道しるべにしました。

このことから、ウェブ上(ページ内)で迷子にならないように、現在どこにいるのかを知らせるリストのことを【パンくずリスト】と言うようになりました。

 

続いて【パンくずリストを使うメリット】(カテゴリー細分化のメリット)のお話をします。

 

 パンくずリスト設置のメリット 

ユーザビリティ向上

  • サイト内の現在地を示す
  • 下層ページから上層ページへと閲覧

*パンくずリストを使うことで、読者は【便利さ】と【快適さ】を得る


SEO対策

  • クローラーの巡回を促す

クローラーとは
Google(ロボット型検索エンジン)が情報収拾のために利用している自動巡回ロボット

クローラーされると
⇒ サイトの情報を収集してデータベースにインデックス
⇒検索エンジンのインデックスサーバーに定期的に送られる
⇒検索結果にウェブサイトの情報を反映(インデックスされる状態

 

インデックスされていない!』という声をよく聞きます。

【パンくずリスト】でクローラーを促しましょう!

 

パンくずリストでSEO対策

f:id:maysun:20211130211810p:plain

2つ目の【SEO対策】について詳しく説明します。

 

【パンくずリスト】を作成することで【クローラーの巡回を促す】ことができます。

その結果、SEO対策として得られる2つのお話をします。

 

SEO対策得られる2つの事

正しくクローラーに伝える

そもそも【クローラー】はサイト上のリンクを読み取ります。

【パンくずリスト】を作成しているということは、階層構造を正しくクローラーに伝えるということです。

 

新しい記事をインデックスされやすい

【パンくずリスト】を設置するということは、カテゴリーページへのリンクが増えるということです。

新しい記事がカテゴリを通してクローラーに認識してもらいやすくなります。

つまりは【インデックス】されやすくなる!という事です。

 

カテゴリー階層化手順

f:id:maysun:20211130212140p:plain

【カテゴリー階層化】手順は、下記の順番でやっていきます。

■カテゴリー階層化手順■
1.パンくずリストの有効化
2.親カテゴリー子カテゴリー作成
3.スクリプトの設定
4.スタイルシートの設定

 

1.【パンくずリスト】有効化

ダッシュボードー【デザイン】ースパナ【カスタマイズ】ー【記事】

【パンくずリスト】にチェック入れる

f:id:maysun:20211130212813p:plain

*ここは必須ではない
*他のパンくずリストを利用してる人は、チェック不要

2.親子カテゴリー作成

  1. 【記事作成】ー【カテゴリー】ー【新しいカテゴリー】ー【親カテゴリー】作成
  2. 【記事作成】ー【カテゴリー】ー【新しいカテゴリー】ー【子カテゴリー】作成

f:id:maysun:20211130213319p:plain

 

 作成時の注意 
  • 【親カテゴリー】のみ作成
  • 【子カテゴリー】を作成する際は、【親カテゴリー】半角ハイフォン【子カテゴリー】というカテゴリー名とする

【カテゴリー】を付ける

【親カテゴリー】【親カテゴリ-子カテゴリー】を選択する

f:id:maysun:20211130214058p:plain

*注意:最初に選んだカテゴリーが第1階層となり表示される

 

【カテゴリーの表示設定】

スパナ【カスタマイズ】ー【カテゴリー部編集】ー【モジュール編集】ー【並び替え順】ー【アルファベット順】

*アルファベット順にしないとバグります

f:id:maysun:20211130214434p:plain

 

3.【スクリプト】設定

ダッシュボードー【デザイン】ースパナ【カスタマイズ】ー【フッタ】

f:id:maysun:20211130220826p:plain

こちらに下記のコードをコピペしましょう。

変更を保存】をお忘れなく!

 

4.【スタイルシート】設定

ダッシュボードー【デザイン】ースパナ【カスタマイズ】ー【ヘッダ】ー【タイトル下】

f:id:maysun:20211130224225p:plain

こちらのコードをコピペして貼り付けましょう。

<link type="text/css" rel="stylesheet" href="https://hatena.wackwack.net/v1.1/css/fulldisplay.min.css"/>

【変更保存】をお忘れなく!

 

コードは【小さな星がほらひとつ】様より使用させて頂いております

 

【サイド】にこんな風に表示されると設定は完了してます。

f:id:maysun:20211201122650p:plain

 

ページを開くとカテゴリーの階層化が出来ているので居場所が分かる。

f:id:maysun:20211201123517p:plain

 

以上となります。

 

- スポンサーリンク -  

 

【はてなブログ】カテゴリーを階層化で細分化しようまとめ

【はてなブログ】では【カテゴリー】の階層化が出来ません。

それでは、インデックスされるのに時間が余計にかかってしまうかもしれませんね。

この際、カスタマイズして【親カテゴリー】から【子カテゴリー】に細分化してみましょう!

【パンくずリスト】設定でSEO対策となるというお話をお届けしました。

お役に立てると嬉しいです。


読者になって頂けると嬉しいです

PVアクセスランキング にほんブログ村

★応援クリック大感謝★

人気ブログランキング