ぶろぐライフ~パソコン苦手なブログ初心者さんを全力でサポート~

パソコンは苦手だけどブログを始めたい人を全力で応援!15年間パソコン講師を勤めた私が苦手克服のお手伝いをします♪

【ブログ初心者】60記事目指しながらカテゴリー整理

f:id:maysun:20211128171652p:plain

パソコン苦手なブログ初心者さんを全力サポートしている、めいさんです。

【ブログ作成講座8回目】では、50記事書きながら【商品レビュー】を書きましょうというお話をお届けしました。

 

見逃し方はこちらからどうぞ

maysun53.com

 

もうごちゃごちゃですよ!と言いたくなる状態の人もいらっしゃるかと思います。

50記事になってくると記事がゴチャゴチャしてくるんですよね~。

 

今回9回目は、ゴチャゴチャしてきた記事を【カテゴリー】で整理しましょうというお話をお届けします。

 

 

- スポンサーリンク -  

 

【ブログ初心者】60記事目指しながらカテゴリー整理

ブログ初心者さんは【雑記ブログ】でスタートする人が実際多いです。

【雑記ブログ】の方が楽しいしネタも色々生まれるのでお薦めです。

 

でもねガチャガチャしてるサイトが実際多いのも確かです。

これを読んでくれてる人は、60記事目指しながら【カテゴリー】で記事を整理しましょう。

 

カテゴリーは3つから5つ

50記事を見つめましょう。

【大きな3つから5つのグループ】に分けれそうですか?

 

例えば、

  • 商品レビュー
  • 美容
  • 子育て

 

どのカテゴリーも、1つが広い範囲を示していますよね。

こんな感じで一番大きな箱となるものです。

 

この【3つから5つのカテゴリー】には理由があります。

何より、管理がしやすい数字となります。

 

6つ以上になるとカテゴリーが多過ぎて【内部リンク】が貼りにくくなります。

 

雑記ブログ】のメリット・デメリット
3つのカテゴリー作成など【雑記ブログでスタート】もどうぞ

maysun53.com

 
 

親子のカテゴリー

f:id:maysun:20211128204057p:plain

もう少し分かりやすく言うと、

1つの大きな箱が【冬服】、その中に【主人の服】【私の服】【子供服】という箱で整理する。

そんな感じです。

 

大きな箱をワードプレスでは【親カテゴリー】といい、その中の小さな箱を【子カテゴリー】と言います。

 

先ほどの例でもう少し説明します。

(親1)商品レビュー 

(子1)電化製品

(子2)ファッション

(子3)コストコ

(子4)業務スーパー

(子5)その他

 

(親2)美容 

(子1)美容クリーム

(子2)メイクアップ

(子3)シミ・シワ

(子4)ネイル

(子5)その他

 

という具合です。

 

カテゴリー分け時の注意点

こうしてカテゴリーで整理すると【内部リンク】も設定しやすいです。

読む人は、『このブログには読むところがたくさんある』という風に色々なページ(記事)を読んでくれるようになりやすいです。

 

ですが、記事が薄っぺらい内容では離脱しちゃいます。

 

【読み手を意識】する事が何よりも重要です。

記事を書く際もカテゴリー分けする際もです。

 

カテゴリ―ごとの記事数もバランスが取れるようにしましょう。

美容クリーム(10)ネイル(1)というのは、バランスが良いとは言えません。

 

 カテゴリー分け時の注意点 
  • 読み手意識
  • カテゴリーごとのバランス
  • 内部リンクを貼る
  • 2つに属す場合は2つ設定

*(親)美容の場合、(子)【スキンクリーム】にも【メイクアップ】にも属する場合は、どちらも指定すれば良いです。

 

- スポンサーリンク -  

 

60記事目指しながらカテゴリー整理まとめ

50記事書いたところで一回カテゴリーの見直しをし、記事を整理する事をお薦めします。親カテゴリーは3~5つにし、その中に子カテゴリーを設けて読み手に親切な構成にしましょう。


読者になって頂けると嬉しいです

PVアクセスランキング にほんブログ村

★応援クリック大感謝★

人気ブログランキング